憧れ!カルティエの婚約指輪

カルティエの婚約指輪は“人気”というよりまさに“憧れ”。

婚約指輪はなににしようか旦那さまと相談していて、彼がいちばんピンときたのはカルティエだったみたいです。

カルティエはフランスのパリ発祥のブランドで、代表製品はトリニティ・リング、サントス・ウォッチ、タンク・ウォッチという、ブランド物にはあまり詳しくない私でも聞いたことがあるような有名なブランドです。

カルティエの婚約指輪を旦那さまと見ていたとき、『これがいいんじゃない?』と言っていたのは人気ランキング第1位の“バレリーナ”でした。

優雅なデザインは指を華奢に見せてくれるだけでなく、存在感もあるリングです。

カルティエの中だったら私はバレリーナよりも人気ランキング第2位の“ソリテール”が気に入りました。

時代に捕われない普遍的でエレガントなデザインということで、とっても上品なところにカルティエっぽさを感じます。

『君が一番気に入ったものをつければいいよ』と言ってくれたものの、実際に婚約指輪を買うまではすごく長い間悩んだのを覚えています。

そうそう、カルティエでは“Cドカルティエ”も人気のようですよ。

これはサイドから見るとカルティエの象徴である“C”のラインをかたどったもので、究極のエレガントと言われているリングです。

こんな素敵な婚約指輪を旦那さんからもらったら、なんだかもったいなくて身につけることができなくなってしまいそうですね。